物流業務知識

TOP戻るボタン

基本的な販売管理業務フロー

物流業務とは?

簡単に言えば、「距離」と「時間」の隔たりを埋めて、「使える状態」にするのが物流です。
細かく分解すれば、物流には5つの機能(物流五大機能)があるといわれています。
物流の五大機能とは以下の項目です。

  • 輸送・・・ものを運ぶ
  • 保管・・・倉庫で貯蔵する
  • 荷役・・・入庫、出庫、ピッキングなどの荷扱い
  • 流通加工・・・値札付けやセット組みなどの加工業務
  • 包装・・・内装、外装等

「物流」の語源は「物的流通(Physical Distribution)」を縮めたもので、今日では、ロジスティクスや、サプライチェーン・マネージメント(SCM)と呼ばれているものはいずれも物流が進化し、発展したものです。

基本的な販売管理業務フローの中では、①の在庫管理、②の入庫処理、③の出庫処理、に関係する業務が販売物流業務となります。

運搬・輸送・配送の違い

  • 運搬・・・工場や物流センターにおける物品の移動のこと。
  • 輸送・・・工場から物流拠点へ、あるいは工場間のように長距離大量の運送のこと。
  • 配送・・・拠点から問屋・小売店への近距離小口の移動。

3PL

読み方 : スリーピーエル
フルスペル : 3rd party logistics

企業の流通機能全般を一括して請け負うアウトソーシングサービス。自身は物流業務を手がけない企業が、顧客の配送・在庫管理などの業務を、プランニングやシステム構築などを含め長期間一括して請け負い、外部の物流業者などを使って業務を遂行する。物流業者に業務を委託するのとは違い、3PLは「荷主の物流部門」として振舞うため、複数の物流業者から最も荷主の利益にかなう業者を選択したり、荷主側の要望を物流業者と交渉したりといったことが可能となる。

WMS

読み方 : ダブリューエムエス
フルスペル : Warehouse Management System

物流センターにおける一連の業務を効率化するための総合管理システム。
入出庫管理や在庫管理の他に、労務管理や作業工程管理機能も提供し、入荷、検品、ピッキング、梱包、出荷の各作業に必要な情報を一元的に管理する。自動倉庫や自動コンベアシステムなど、自動マテリアルハンドリングシステムとのインタフェースを提供する場合もあり、また最新のシステムではRFIDを応用した物もある。
現場での作業はハンディターミナルによるバーコードの読み取りが中心であり、作業の効率や在庫管理の精度を向上させることができる。

TMS

読み方 : ティーエムエス
フルスペル : Transportation Management System

日本語では、輸配送管理システム、運輸管理システムと表記されます。輸送・配送業務を一元管理し、リードタイム短縮等効率的な物流を実現する物流システムです。WMS(Warehouse Management System:倉庫管理システム)と組み合わせることで、物流業務全体をカバーするLMS(Logistics Management System:物流管理システム)として活用されます。

TMS(輸送管理システム)導入のメリットとしては物流コストの削減、環境負荷の低減などがあげられます。運行がスケジュール通りに運べば、物流センターや店舗での諸作業の効率化が促進されることになります。ピッキング作業やトラックへの積み込み作業が計画的、戦略的に展開できるようになります。TMSの導入で物流高度化の多面的、多層的な推進が可能となるわけです。

Web系サービス

ホームページ制作なら
らくちんホームページ
ネットショップの構築なら
らくちんネットショップ
動画制作なら
らくちん動画制作
顧客の囲い込みや情報集約に
らくちんポータルサイト構築

業務システム系サービス

体系的な賃金決定なら
社長賃金決定
サプライチェーンなら
SCM
勤体管理のIT化なら
勤体管理
一括のメール配信なら
メール配信

個人情報保護に取り組んでいます

プライバシーマーク制度認定:第20000896号

株式会社ヨドックはお客様の個人情報保護に積極的に取り組んでいます。

このWEBサイトはCO2削減に貢献しています。