らくちん棚卸 運用方法

入庫登録

WEBにて入庫登録を行い現品票を印刷。商品に貼り付けます。

らくちん棚卸 入庫登録

商品が入庫したらパソコンのシステムを起動させ、「入庫登録」画面で必要事項を入力し、その情報をもとにした現品票を印刷します。

らくちん棚卸 現品票

現品票には商品名・数量・規格・入庫日・ロット番号などの必要事項が印刷されます。

らくちん棚卸 現品票とRFタグ

現品票とRFタグを一緒にします。

らくちん棚卸 ダンボールへ貼付した現品票

現品票とRFタグを商品に貼り付けます。

RFタグ紐付

現品票の番号とRFタグの番号をシステムで紐付ます。

らくちん棚卸 タグ紐付

まず、タブレットでバーコード読取画面を表示させ、現品票をリーダライタで読み込みます。リーダライタが読み込んだ情報がタブレットに送信されますので、続いてリーダライタをRFタグにかざし、現品票とRFタグを紐付ます。

らくちん棚卸 タグ紐付

まず、タブレットでバーコード読取画面を表示させ、現品票をリーダライタで読み込みます。リーダライタが読み込んだ情報がタブレットに送信されますので、続いてリーダライタをRFタグにかざし、現品票とRFタグを紐付ます。

棚卸準備/RFタグ棚卸

Webで棚卸準備をしてから倉庫内のRFタグを読取り棚卸を実施します。

らくちん棚卸 棚卸準備

パソコンを操作して「棚卸準備」でデータベース上に保存してある在庫情報を画面に表示させます。タブレットの操作とリーダライタでRFタグを読み込み棚卸を実行します。リーダライタが読み取った棚卸結果はタブレットからデータベースに送信します。パソコン画面で「在庫一覧」を表示させると保存されているデータとRFタグを用いた棚卸結果の相違が確認できます。

らくちん棚卸 棚卸準備

パソコンを操作して「棚卸準備」でデータベース上に保存してある在庫情報を画面に表示させます。タブレットの操作とリーダライタでRFタグを読み込み棚卸を実行します。リーダライタが読み取った棚卸結果はタブレットからデータベースに送信します。パソコン画面で「在庫一覧」を表示させると保存されているデータとRFタグを用いた棚卸結果の相違が確認できます。

在庫照会/RFタグ探索

行方不明の在庫を探索登録しハンディーでRFタグを探索します。

らくちん棚卸 在庫照会

棚卸を実行した結果、パソコンで表示されている在庫との相違があれば、パソコン画面の「入出庫検索・一覧」画面の「処理」欄で「捜索」をクリックしたのち、商品に向けてリーダライトをかざします。すると、タブレットに捜索対象のRFタグの位置が示され、行方不明の在庫を発見することができます。

らくちん棚卸 在庫照会

棚卸を実行した結果、パソコンで表示されている在庫との相違があれば、パソコン画面の「入出庫検索・一覧」画面の「処理」欄で「捜索」をクリックしたのち、商品に向けてリーダライトをかざします。すると、タブレットに捜索対象のRFタグの位置が示され、行方不明の在庫を発見することができます。

出庫登録/入出庫一覧

出庫後、回収したRFタグを取込み出庫登録を行います。

らくちん棚卸 出庫登録

商品を出庫する際、RFタグを回収します。回収したRFタグをリーダライタで読み込み、タブレットを操作してデータベースに出庫データを送信します。

らくちん棚卸 出庫登録

商品を出庫する際、RFタグを回収します。回収したRFタグをリーダライタで読み込み、タブレットを操作してデータベースに出庫データを送信します。

らくちん棚卸はRFIDを用いて在庫管理をすることで、在庫がどこにどれくらいあるかを把握することができ、商品の紛失による時間や人手の無駄を省き、棚卸作業を効率化できます!

らくちん棚卸についてのご質問やお見積りのご依頼など、お気軽にお問い合わせください。