システム間通信方式

TOP戻るボタン

オープン化が進み、これまでばらばらに開発されていたシステムが、企業の合併/買収、事業の再編により現在基幹業務統合の時代に差し掛かっています。システム間通信方式を検討したところ大きく下記の3つの方式があげられるのではないでしょうか。

  • FTPを利用した通信方式
  • WebSphere MQを利用した通信方式
  • ソケット・CORBA・RMIを利用した通信方式

1つめはファイル転送(プロトコル)であり、2つめはミドルウェア(製品)であり、3つめはデータ転送であり、 上記の3つの方法は横並びに考えるには不適切かもしれませんが、現在のシステムでは多く採用されている為あえてあげてみました。
この他にもデータベース間のデータ同期化等の方式も考えていけばさらに色々なパターンが考えられます。
また、同期処理・非同期処理の要件の違いでも採用できる方式は異なってくるでしょう。

  • ファイル転送であれば「FTP方式 ⇒ WebSphere MQ」
  • データ転送であれば「独自通信(ソケット) ⇒ CORBA・RMI」

が主流ではないでしょうか。ただWebSphere MQはコストがかかりすぎるとか、CORBAは通信オーバーヘッドが大きすぎるということで反対の動きもあるようです。

Web系サービス

ホームページ制作なら
らくちんホームページ
ネットショップの構築なら
らくちんネットショップ
動画制作なら
らくちん動画制作
顧客の囲い込みや情報集約に
らくちんポータルサイト構築

業務システム系サービス

体系的な賃金決定なら
社長賃金決定
サプライチェーンなら
SCM
勤体管理のIT化なら
勤体管理
一括のメール配信なら
メール配信

個人情報保護に取り組んでいます

プライバシーマーク制度認定:第20000896号

株式会社ヨドックはお客様の個人情報保護に積極的に取り組んでいます。

このWEBサイトはCO2削減に貢献しています。