SSH経由でのCVSサーバへの接続

TOP戻るボタン

WinCVS+日本語化パッチ(ごった煮)+SSHモジュールのインストール

ダウンロード

必要なモジュール、 WinCVS+日本語化パッチ(ごった煮) SSH for Win32をダウンロードする 。
WinCVS上でコマンドラインを使用するには、WinCVSインストールの前に ActiveTclをインストール。

ActiveTclのインストール

ダウンロードした「ActiveTcl8.4.1.0-win32-ix86.exe」をダブルクリックし、 下記の手順通りにインストールを行う。







↓インストールパスは自由に設定する。





WinCVS+日本語化パッチ(ごった煮)のインストール

ダウンロードした「wincvs120-sjis_gottani.20020227.exe」をダブルクリックし、下記の手順どおりにインストールを行う。







↓インストールパスは自由に設定する。









SSH for Win32のインストール

ダウンロードした「ssh-1.2.14-win32bin.zip」を解凍し、WinCVSインストールフォルダへコピーを行う。





SSHバージョン1で利用するRSA鍵の生成

OpenSSHサーバにてRSA鍵の生成を行う。


$ ssh-keygen -t rsa1

下記のように表示され入力を促されるが、特に「identity」という名前で問題ないのでそのままENTERを押下する。


Generating public/private rsa1 key pair.
Enter file in which to save the key (/home/xxxxx/.ssh/identity): 
↑そのままENTER
Enter passphrase (empty for no passphrase): ←パスフレーズを入力
Enter same passphrase again: ←再度入力

ファイル名 内容
identity RSA暗号を利用した秘密鍵
identity.pub RSA暗号を利用した公開鍵

WinCVSの設定

生成した鍵を適当なフォルダへコピーする。ここでは「C:\TEMP」へコピーする。



WinCVSを起動し、[管理]メニュー → [設定] を選択する。
【全般】タブの設定

  • CVSROOTを入力
  • 認証方法、RSA鍵の位置


【共通設定】タブの設定

  • TCP/IP圧縮を使用にチェック



【ポート指定】タブの設定

  • 使用するrshを指定するにチェック。sshと記入。



【WinCVS】タブの設定

  • 任意のエディタへのパス設定
  • Diffツールへのパス設定
  • HOMEフォルダのパス設定



【ごった煮】タブの設定

  • メッセージロケールの変更



[表示]メニュー → [フォルダブラウザ] → [表示位置の変更] を選択し、下記のダイアログからHOMEフォルダを指定する。 HOMEフォルダがルートとして表示される。


サーバへのアクセス

[作成]メニュー → [チェックアウト] を選択し、下記へモジュール名を入力し、「OK」を押下する。


下記のようなコンソールが出現する為、サーバへのログインパスワードを入力して「ENTER」を押下する。(画面にはなにも表示されない)


Web系サービス

ホームページ制作なら
らくちんホームページ
ネットショップの構築なら
らくちんネットショップ
動画制作なら
らくちん動画制作
顧客の囲い込みや情報集約に
らくちんポータルサイト構築

業務システム系サービス

体系的な賃金決定なら
社長賃金決定
サプライチェーンなら
SCM
勤体管理のIT化なら
勤体管理
一括のメール配信なら
メール配信

個人情報保護に取り組んでいます

プライバシーマーク制度認定:第20000896号

株式会社ヨドックはお客様の個人情報保護に積極的に取り組んでいます。

このWEBサイトはCO2削減に貢献しています。