Apache+Tomcat+PostgreSQL環境の構築

TOP戻るボタン

Apacheインストール確認

通常Linuxディストリビューションをインストールした場合apacheはインストールされている場合が多いと思います。まずインストールされているか確認します。

httpdインストール状況確認
[root@localhost etc]# rpm -qa |grep httpd
httpd-manual-2.0.40-21
httpd-2.0.40-21
redhat-config-httpd-1.0.1-18

上記のように表示されない場合はインストールされていませんのでインストールしてください。

JDKインストール

通常JDKはインストールされていません。ここではダウンロードした 「j2sdk-1_4_X_XX-linux-i586-rpm.bin」をインストールします。下記のように環境設定することで全てのユーザがJDKを使用することができます。

JDKインストール
[root@localhost user]# ./j2sdk-1_4_X_XX-linux-i586-rpm.bin

・・・途中略・・・
ライセンス規約に同意するかを確認するメッセージ表示。[yes]を選択。
・・・途中略・・・

[root@localhost user]# rpm -ihv j2sdk-1_4_X_XX-linux-i586-rpm
Preparing...    ########################################### [100%]
   j2sdk-1_4_X_XX ########################################### [100%]
JDK環境設定
[root@localhost user]# vi /etc/bashrc

・・・途中略・・・
export JAVA_HOME=/usr/java/j2sdk1.4.X_XX
export PATH="$PATH":"$JAVA_HOME"/bin
・・・途中略・・・

Tomcatインストール

ここではダウンロードした「jakarta-tomcat-5.X.XX.tar.gz」をインストールします。インストールは解凍後適当な場所へコピーだけです。

Tomcatインストール・起動・停止
[root@localhost user]# tar zvxf jakarta-tomcat-5.X.XX.tar.gz
[root@localhost user]# mv jakarta-tomcat-5.X.XX /usr/java

<<起動>>
[root@localhost user]# /usr/java/jakarta-tomcat-5.X.XX/bin/startup.sh
<<停止>>
[root@localhost user]# /usr/java/jakarta-tomcat-5.X.XX/bin/shutdown.sh

Tomcat Web Server Connectors JK2インストール

本来はソースからmakeすべきですが、今回はbinaryファイルを使用します。

解凍とコピー
[root@localhost user]# tar zxvf Fedora-Core-1-i386.tar.gz
Fedora-Core-1-i386/
Fedora-Core-1-i386/usr/
Fedora-Core-1-i386/usr/lib/
Fedora-Core-1-i386/usr/lib/httpd/
Fedora-Core-1-i386/usr/lib/httpd/modules/
Fedora-Core-1-i386/usr/lib/httpd/modules/mod_jk2.so
Fedora-Core-1-i386/usr/lib/httpd/modules/libjkjni.so
Fedora-Core-1-i386/usr/share/
Fedora-Core-1-i386/usr/share/doc/
Fedora-Core-1-i386/usr/share/doc/mod_jk2/
Fedora-Core-1-i386/usr/share/doc/mod_jk2/CHANGES.txt
Fedora-Core-1-i386/usr/share/doc/mod_jk2/STATUS.txt
Fedora-Core-1-i386/usr/share/doc/mod_jk2/README.txt
Fedora-Core-1-i386/usr/share/doc/mod_jk2/NOTICE
Fedora-Core-1-i386/usr/share/doc/mod_jk2/LICENSE
Fedora-Core-1-i386/etc/
Fedora-Core-1-i386/etc/httpd/
Fedora-Core-1-i386/etc/httpd/conf/
Fedora-Core-1-i386/etc/httpd/conf/workers2.properties
Fedora-Core-1-i386/etc/httpd/conf.d/
Fedora-Core-1-i386/etc/httpd/conf.d/jk2.conf
Fedora-Core-1-i386/var/
Fedora-Core-1-i386/var/www/
Fedora-Core-1-i386/var/www/manual/
Fedora-Core-1-i386/var/www/manual/mod_jk2/
・・・省略・・・

[root@localhost user]# cd Fedora-Core-1-i386/
[root@localhost user]# cp ./usr/lib/httpd/modules/*.so /usr/lib/httpd/modules/
[root@localhost user]# cp ./etc/httpd/conf/workers2.properties /etc/httpd/conf/
[root@localhost user]# cp ./etc/httpd/conf.d/jk2.conf /etc/httpd/conf.d/
[root@localhost user]# cd ./usr/share/doc/
[root@localhost user]# cp -r mod_jk2 /usr/share/doc/
[root@localhost user]# cd ./var/www/manual/
[root@localhost user]# cp -r mod_jk2 /var/www/manual/

コネクターのモジュールを設定ファイルへ追加する。

/etc/httpd/conf/httpd.confファイルの編集

■/etc/httpd/conf/httpd.confファイルの編集 
[root@localhost user]# vi /etc/httpd/conf/httpd.conf
# Tomcat Connector
LoadModule jk2_module modules/mod_jk2.so

Tomcatの設定の確認

[Tomcatのフォルダ]/conf/server.xmlファイルに以下の行がコメントアウトされていないことと、 ここのポート番号とworkers2.propertiesファイルに記述されているポート番号が一致していることを確認してください。

server.xml
■server.xml 
[root@localhost user]# vi /usr/java/tomcat-5.X.XX/conf/server.xml

--------------------------------------------------------------------
< !-- Define a Coyote/JK2 AJP 1.3 Connector on port 8009 -->
< Connector port="8009"
   enableLookups="false" redirectPort="8443" debug="0"
   protocol="AJP/1.3" />
--------------------------------------------------------------------
workers2.properties
[root@localhost user]# vi /etc/httpd/conf/workers2.properties

--------------------------------------------------------------------
# define the worker
[ajp13:localhost:8009]
channel=channel.socket:localhost:8009
group=lb
--------------------------------------------------------------------

ウェブサーバ領域とのマッピング

ApacheとTomcatをConnectorで接続した時、アクセスされるURIにより、Apacheにて処理するか、 Tomcat(Web server)で処理するかを判断する為の設定を行う必要があります。 下記の設定を任意に追加することでTomcatへの転送を制御できます。

workers2.properties内設定
[root@localhost user]# vi /etc/httpd/conf/workers2.properties

--------------------------------------------------------------------
# Map the Tomcat examples webapp to the Web server uri space
[uri:/servlets-examples/*]
[uri:/jsp-examples/*]
group=lb
--------------------------------------------------------------------

[root@localhost user]# /sbin/services httpd restart
httpdを停止中:						[ OK ]
httpdを起動中:						[ OK ]

上記の記述によって、「http://サーバURI/servlets-examples/」、 「http://サーバURI/jsp-examples/」以降の領域がコンテナへ引き渡されます。 追記後、httdを再起動することで設定が反映されます。

Web系サービス

ホームページ制作なら
らくちんホームページ
ネットショップの構築なら
らくちんネットショップ
動画制作なら
らくちん動画制作
顧客の囲い込みや情報集約に
らくちんポータルサイト構築

業務システム系サービス

体系的な賃金決定なら
社長賃金決定
サプライチェーンなら
SCM
勤体管理のIT化なら
勤体管理
一括のメール配信なら
メール配信

個人情報保護に取り組んでいます

プライバシーマーク制度認定:第20000896号

株式会社ヨドックはお客様の個人情報保護に積極的に取り組んでいます。

このWEBサイトはCO2削減に貢献しています。