Viエディタ利用ガイド

TOP戻るボタン

viエディタはどんなUnix、Linuxには大抵標準装備されているUnixの代表的なエディタです。 通常Windowsなどで使うエディタと比べると使い勝手が悪く感じますが、Linuxの設定ファイル などの書き換えに大いに役立ってくれます。

1.起動と終了

viエディタを起動するにはviコマンドに編集したいファイル名を指定します。
viエディタには「入力モード」と「コマンドモード」があり、起動時は「コマンドモード」
となっています。

vi ファイル名      :起動
i                  :入力モード
Escキー            :コマンドモード
:wq!               :編集内容を保存して、編集を終了
:w!                :編集内容を保存し、編集を継続
:q!                :編集内容を保存せず、編集を終了

2.カーソルの移動

他の多くのテキストエディタと異なり、viエディタではカーソルの移動に矢印キーを使いません。カーソルを移動するには、コマンドモードで次のキーを押します。

h                  :左に1文字移動		
j                  :下に1文字移動		
k                  :上に1文字移動		
l                  :右に1文字移動		
0                  :カーソルを現在の行の先頭に移動	
$                  :カーソルを現在の行の末尾に移動	
:0                 :カーソルを文書の先頭行に移動	
:$                 :カーソルを文書の最終行に移動	

3.テキストの削除

入力モードで文章を入力している際には、BackSpaceキーで直前に入力した文字を1文字ずつ削除できます。
しかしいったん入力した文章を後から訂正する作業は、コマンドモードで行います。

x                  :カーソル位置の文字を1文字削除する
dw                 :カーソル位置から次の単語の先頭までを削除
d$                 :カーソル位置から行末までを削除
dd                 :カーソルのある行全体を削除

4.テキストの修正

テキストの修正は、テキストの削除とiの挿入コマンドを用いれば可能ですが、参考程度に紹介します。

r                  :カーソル位置の文字を1文字変更する
cw                 :カーソル位置から次の単語の先頭まで変更
c$                 :カーソル位置から行末までを変更
cc                 :カーソルのある行全体を変更

5.テキストの移動・コピー

テキストを別の場所に移動する時には、delコマンドなどで削除します。
削除されたテキストは、次に別のテキストが削除されるまで、一時的にバッファと呼ばれるメモリに格納されます。
記憶されたテキストは、pコマンドを使って、カーソル位置に貼り付けることができます。


p                  :直前に削除したテキストをカーソル位置に挿入する

6.コマンドの取り消しと繰り返し

直前に言ったテキストの追加や削除、変更などは、次の編集コマンドを実行する前であれば、uコマンドで取り消すことが出来ます。u(undo)

u                  :直前のコマンドを取り消し
U                  :現在行を編集前の状態に戻す
.(コンマ)          :直前に実行したコマンドをもう一度実行

7.テキストを検索する

大きなファイルを編集する際には、ファイルの中の特定の場所に、すばやくカーソルを移動したいことがあります。
次のコマンドは、ファイルから指定した文字列を探して、その部分にカーソルを移動します。

/検索文字列        :指定した文字列を現カーソルから順方向に検索
?検索文字列        :指定した文字列を現カーソルから逆方向に検索
n                  :前回の検索文字列を再建策
N                  :前回の検索文字列を反対方向に再検索

8.高度なviエディタの使い方

指定行への操作
:行番号            :指定した行にジャンプする
:行番号d           :指定した行を削除する
文字列の一括置換

ファイル内の文字列を一括置換する:s(substitute)コマンド。

:[行番号] s/検索文字列/置換文字列/ [オプション]

例)
:s/old/new/g            :現在行の文字列oldをすべてnewに置換
:20,30 s/old/new/g      :20行目から30行目の文字列oldをすべてnewに置換
:%s/old/new/c           :ファイル内にある全ての文字列oldを確認をとりながらnewに置換
viの環境設定

viの各種動作の設定を切り替えることが出来ます。

:set オプション

例)
:set autoindent         :オートインデントモード
:set ignorecase         :検索実行時大文字小文字の区別をしない
:set number             :画面の左端に行番号を表示する
:set showmatch          :括弧を入力したときに対応する括弧にカーソルをジャンプさせる
:set wrapmargin=桁数    :1行を指定した桁数で自動的に折り返す
:set warpscan           :検索の実行時、ファイル全体を対象にする

Web系サービス

ホームページ制作なら
らくちんホームページ
ネットショップの構築なら
らくちんネットショップ
動画制作なら
らくちん動画制作
顧客の囲い込みや情報集約に
らくちんポータルサイト構築

業務システム系サービス

体系的な賃金決定なら
社長賃金決定
サプライチェーンなら
SCM
勤体管理のIT化なら
勤体管理
一括のメール配信なら
メール配信

個人情報保護に取り組んでいます

プライバシーマーク制度認定:第20000896号

株式会社ヨドックはお客様の個人情報保護に積極的に取り組んでいます。

このWEBサイトはCO2削減に貢献しています。