TELNETサービスの構築

TOP戻るボタン

インストール

通常Linuxディストリビューションをインストールした場合インストールされている場合が多いと思います。
ここでは簡単なインストールの手順を紹介します。

インストール状況確認
[root@localhost etc]# rpm -qa |grep telnet
telnet-0.17-25
telnet-server-0.17-25

ここで「telnet-server-X.XX-XX」が表示されればインストールされています。 もし表示されない時は下記のインストールを行ってください。インストールするパッケージを 「telnet-server-X.XX-X.i386.rpm」 とします。

インストール
[root@localhost etc]# rpm -ihv telnet-server-X.XX-X.i386.rpm
Preparing...   ########################################### [100%]
   telnet-server ########################################### [100%]
[root@localhost etc]# /sbin/reboot

xinetdの設定

現在Linuxではxinetd(スーパーデーモン)によりデーモンの管理、アクセスコントロールがなされます。
Red Hat Linuxでは、Var.7.0からinetdではなくxinetdが採用されています。 xinetdではデーモンごとの設定ファイルにてアクセス制御を行うことができます。
機能的には、 xinetd = inetd + TCPWrapper と言えます。
さらにその他にもっと多くの設定が可能でより優れていると言えます。下記に設定ファイルの例を紹介します。

/etc/xinetd.d/telnetの例
service telnet
{
  disable			= yes
  flags			= REUSE
  socket_type		= stream
  wait			= no
  user			= root
  server			= /usr/sbin/in.telnetd
  log_on_failure	+= USERID
  only_from		= 192.168.1.0/24
  no_access		= 192.168.11.1
}
  • disable:サービスの有効/無効
  • flags:デーモンの動作
  • socket_type:ソケットタイプ
  • wait:サーバプログラムの動作
  • user:プログラム実行ユーザ
  • server:サーバプログラムのファイル名
  • log_on_failure:プログラムの起動に失敗した時のログ出力指定
  • only_from:アクセス許可するホスト
  • no_access:アクセス拒否するホスト

Web系サービス

ホームページ制作なら
らくちんホームページ
ネットショップの構築なら
らくちんネットショップ
動画制作なら
らくちん動画制作
顧客の囲い込みや情報集約に
らくちんポータルサイト構築

業務システム系サービス

体系的な賃金決定なら
社長賃金決定
サプライチェーンなら
SCM
勤体管理のIT化なら
勤体管理
一括のメール配信なら
メール配信

個人情報保護に取り組んでいます

プライバシーマーク制度認定:第20000896号

株式会社ヨドックはお客様の個人情報保護に積極的に取り組んでいます。

このWEBサイトはCO2削減に貢献しています。