共通チーム(システムアーキテクト)の仕事

TOP戻るボタン

ここでは、システム構築プロジェクトで、「共通チーム」として考慮すべき点を列挙します。
システムのアーキテクチャは、EJBを使ったWebシステムを前提とします。

プレゼンテーション層

プレゼンテーション層の役割は、画面からのリクエストを受付け、ビジネスロジックを呼び出し、処理結果に従って画面の再描画を行うことです。
堅牢なシステム構築のためには、プレゼンテーション層では他にも多数の考慮点が必要です。

  • 認証(ログイン・ログアウト)
  • 認可(権限・ログイン制御)
  • 業務規制
  • ページガード
  • サニタイジング(SQLインジェクション対策・クロスサイト・スクリプティング対策)
  • HTTPセッション管理
  • ページ送り
  • エンコード・デコード(文字化け)
  • 国際化
  • 多言語化

ビジネスロジック層

ビジネスロジック層は、業務設計に依存する割合が大きく、処理方式を統一することが難しい箇所です。
しかし、最低限のルールを決めておかないと、プログラムの保守性に大きく関わってきます。

トランザクション管理

  • ユーザコンテキストの設計、管理
  • 例外の扱い
  • セッションファサード、DTOなどの定番パターン

データアクセス層

データアクセス層は、データベースアクセスをカプセル化します。一般的には、データベースベンダー独自の機能を使わず、可搬性を保つことを目指す傾向があります。
しかし、ほとんどの場合、複数種類のデータベースに対応させる要件はありません。

  • O-Rマッピング
  • JDBCテンプレートフレームワーク
  • バックアップ計画

基本処理方式の検討

  • ログ出力→運用管理と連携
  • 例外の扱い、エラーハンドリング

その他業務処理方式の検討

  • 帳票処理方式
  • メール配信処理方式
  • 他システム連携
  • Javaバッチ処理方式(オンラインとは異なるフレームワークで行なうべき)

開発プロセスの標準化

ドキュメント

スムーズにプロジェクトを進行させる為に、ドキュメントを欠かすことはできません。
プロジェクトに新規参入したメンバーを含め、お客様にも納得頂くことが重要です。

  • アプリケーション・デザインガイド(画面・処理・帳票・特殊機能)
  • 仕様書作成ガイド(フェーズごとの仕様書の定義と記載基準)
  • コーディング・ネーミング規約
  • 本番/開発環境構築ガイド

テスティング(単体・結合・システム・運用テストを除く)

  • パフォーマンステスト
  • セキュリティテスト
  • モンキーテスト
  • 回帰テスト
  • 受入検証(オフショア)

レビュー

人間は必ず間違いを起こすものです。チェックをしないことが信用だと考えている人が多いと感じます。「任せる」ことは、「丸投げ」とは全く異なる点に注意が必要です。

  • 仕様書成果物レビュー
  • ソースレビュー

管理関係

  • 障害管理
  • 変更管理
  • 成果物管理
  • メトリクス分析
  • その他の要因

クライアントの選定

オンライン処理を行う、クライアントは、ウェブブラウザが主流です。
しかし、より表現力豊かなユーザインタフェースを提供するために、リッチクライアント技術が台頭し始めています。

データベース

RDBMSが主に用いられる。Oracle、DB2、SQLServerがシェアを分け合っており、オープンソースの製品として、PostgleSQLやMySQLがこれに割って入る構図となっている。

Web系サービス

ホームページ制作なら
らくちんホームページ
ネットショップの構築なら
らくちんネットショップ
動画制作なら
らくちん動画制作
顧客の囲い込みや情報集約に
らくちんポータルサイト構築

業務システム系サービス

体系的な賃金決定なら
社長賃金決定
サプライチェーンなら
SCM
勤体管理のIT化なら
勤体管理
一括のメール配信なら
メール配信

個人情報保護に取り組んでいます

プライバシーマーク制度認定:第20000896号

株式会社ヨドックはお客様の個人情報保護に積極的に取り組んでいます。

このWEBサイトはCO2削減に貢献しています。