新BIS規制(自己資本比率規制)

TOP戻るボタン

統合リスク管理システム経緯

新BIS規制により銀行健全化の指標「自己資本比率」の考え方が変更になった。
そもそも貸し出し額にリスクの概念が必要ではないか。

VaR:信用リスクを取り入れた、ROA→RAROA、ROE→RAROC の指標へ。


新BIS規制(自己資本比率規制)

銀行の経営が健全かどうかを示す「自己資本比率」を算出する国際ルール「BIS規制」 が、2006年末から大幅に変わる。
「新BIS規制」の詳細は25日に発表されるが、不良債権処理を進めた銀行ほど健全度が高まるのが特徴で、銀行に経営健全化に向けた取り組みを促す内容になっている。

国際業務を営む銀行の自己資本比率は8%以上・・・BIS規制
日本は、国内業務だけを行う銀行は4%以上とする独自の規制

BIS規制からの変更点

自己資本比率の分母となる「信用リスク」の算出の際に、不良債権処理の状況を反映させ たことが変更点。
企業向けの融資はこれまで、不良債権は引き当てにかかわらず融資額の全額が分母に算入 されていた。しかし、新規制では、不良債権は引当率が高い(不良債権処理が進んでいる )ほど、分母に算入する額が小さくなる。その分、自己資本比率が高まるわけで、不良債 権処理への取り組みが加速されるとみられる。

用語解説

・自己資本比率(%)

貸借対照表は「資産=負債+資本金」資産=総資本
自己資本・・・平たく株式(株主からの出資)
他人資本・・・平たく銀行などからの借金
自己資本比率=自己資本/総資本

・ROA:総資産利益率(Return On Assets)
当期純利益/総資産
→資産をどれだけ活用して利益をあげているか

・ROE:株主資本利益率(Return On Equity)
当期純利益/株主資本
→株主資本をどれだけ活用して利益をあげているか

・RAROA:リスク調整後収益率 (Risk Adjusted Return On Asset)
すなわちリスク調整後収益額/与信残高
→資産をどれだけ効率的に活用して利益をあげているか。

・RAROC:リスク調整後資本収益率 (RAROC: Risk Adjusted Return On Capital)
すなわちリスク調整後収益額/所要自己資本
→株主資本をどれだけ効率的に活用して利益をあげているか。

・EVA:経済的付加価値(economic value added)
(税引き後営業利益)-(投下資本×加重平均資本コスト)
→一定期間の投資資本に対し、どのくらい利益を上げたか。

・VaR:信用リスク(Value at Risk)

「EVA」は、米スターン・スチュワート社の商標登録となっている為、名前を変えたのでは ないか。

Web系サービス

ホームページ制作なら
らくちんホームページ
ネットショップの構築なら
らくちんネットショップ
動画制作なら
らくちん動画制作
顧客の囲い込みや情報集約に
らくちんポータルサイト構築

業務システム系サービス

体系的な賃金決定なら
社長賃金決定
サプライチェーンなら
SCM
勤体管理のIT化なら
勤体管理
一括のメール配信なら
メール配信

個人情報保護に取り組んでいます

プライバシーマーク制度認定:第20000896号

株式会社ヨドックはお客様の個人情報保護に積極的に取り組んでいます。

このWEBサイトはCO2削減に貢献しています。