CMMI(Capability Maturity Model Integration)

TOP戻るボタン

米国カーネギーメロン大学のソフトウェア工学研究所(SEI)が開発したソフトウェア開発のプロセス改善モデルであり、段階型モデル表現(Staged Representation)では組織的成熟度の達成度を5段階で表します。
米国をはじめ国際的にデファクトスタンダードとなりつつあるモデルでシステム/ソフトウェアに特化したプロセス改善のロードマップを提示するものとなっています。

改善するもの

・ソフトウェア開発環境の改善
開発手順、仕様書とその記載基準、運用手順など

・要員の改善
参入へのトレーニングプログラム、円滑にコミュニケーションを行える仕組みなど

・プロジェクト管理プロセスの改善
管理対象の明確化、数値化の仕組み、数値に対する確認方法、判断、キャッチアップなど

成熟度レベル

レベル1:初期レベル
プロジェクト管理は個人に依存しており、組織的な管理を行なっていない。

レベル2:再現可能レベル
プロジェクトを計画・管理する手順が存在し、経験に基づいて実行している。

レベル3:定義レベル
開発プロセスが首尾一貫した形で文書化されており、利用することができる。

レベル4:管理レベル
開発プロセスとその品質を定量的に管理し、現状把握、リスク予測、対処がおこなえている。

レベル5:最適化レベル
プロセスが常に組織にとって最善となるよう、継続的に改善されている。

Web系サービス

ホームページ制作なら
らくちんホームページ
ネットショップの構築なら
らくちんネットショップ
動画制作なら
らくちん動画制作
顧客の囲い込みや情報集約に
らくちんポータルサイト構築

業務システム系サービス

体系的な賃金決定なら
社長賃金決定
サプライチェーンなら
SCM
勤体管理のIT化なら
勤体管理
一括のメール配信なら
メール配信

個人情報保護に取り組んでいます

プライバシーマーク制度認定:第20000896号

株式会社ヨドックはお客様の個人情報保護に積極的に取り組んでいます。

このWEBサイトはCO2削減に貢献しています。