プロフィール

携帯版はコチラ

カレンダー

2013年3月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

最近のコメント

固定ページ

  • 先日、ニュースキャスターで有名な櫻井よしこさんの講演を聞く機会を
    いただきました。
    日本人でありながら、日本の歴史、国家感に対して無知な私にとって衝
    撃的な気付きを与えてくれました。
    実際講演を聞くまでは、櫻井よしこさんのことはごく少しのイメージで
    しか知らないほどでした。

    神話における古代の人びとの価値観から始まり、聖徳太子が定めたとさ
    れる十七条憲法の心「和を以て貴しと為す」の精神、明治天皇が示した
    五箇条の御誓文に至るまで、いかに日本の文化が現在の平和を重視する
    思想に近かったかを知る事ができました。

    この講演を聞き、日本の歴史、国家感というものをもっと詳しく知りた
    いと考え、まずは「日本人の美徳」という本を読みました。
    この中で特に言葉の重要性を繰り返し書かれています。

    戦後たくさんの英語の単語が日本に入ってきました。例えば、
    「○○リテラシー」と言う言葉があります。
    Googleで調べると、情報リテラシー、金融リテラシー、数学的リテラシー
    などと出てきます。

    それでは「リテラシー」とはどういう意味なのでしょうか?
    私たちの業界では「情報リテラシー」という言葉をよく使います。
    情報系、IT系の知識度合いのような意味で捉えています。
    実際は、「物事の理解に最低限必要な言語(読み書き)能力」というのが
    正しい意味です。
    カタカナで捉えてしまうと本来の意味を見失ってしまいます。
    日本語で説明できないということが、まさに「言語能力」の不足なので
    す。

    言葉はただ単に伝達手段ではなく、その後ろには文化の積み重ねや、価
    値観がしっかりあるものです。

    日本では、自身が興味をもって歴史を学ばない限り学校では日本文化の
    すばらしさを教えてもらえる機会がありません。教育の場で出会う先生
    方は日本のすばらしさを伝えてくれることはほとんどなく、逆に自国を
    卑下する方が多いように思います。こんな教育の現状が今の日本を徐々
    におかしくさせてきました。

    まずは今の現状を正しく捉える力を養う必要があると強く感じました。

  • メルマガ読者の皆様

    ヨドックメルマガ第3号です。
    今回の編集担当は大野です。

    皆さまこんにちは。
    花粉症でお悩みの季節ではないでしょうか?

    私ごとですが、数年前よりこの時期になるとのどが痛くなり、咳やくしゃみが
    でるようになってきました。風邪のような症状なので周りには風邪だと言って
    ますが、毎年なのでこれは花粉症かもしれないと・・・。
    まだ軽傷なのでそれほどひどくはないので業務に支障はないですが、ひどい人
    を見ているとほんと大変に思います。

    ひどい花粉症の方はご自愛ください。

    それでは、今月のヨドックメルマガをお送りします。

    このメールマガジンは、株式会社ヨドックのお客様、またはスタッフがお会い
    させて頂いた方に配信させて頂いております。
    配信停止を希望される場合は、お手数をお掛け致しますが、このメール最後の
    URLから配信解除を行って頂ければ幸いです。

    ■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□
    ◇◆◇ ヨドック見聞録           vol.3 2013.03.12
    ◆◇◆                   http://www.yodoq.com
    □■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■

    ┃I┃N┃D┃E┃X
    ┗━┗━┗━┗━┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    [1] 企業の採用と企業風土(今月の一期一会)

    [2] 最近のニュース紹介−ヨドックの見方

    [3] KIKAQ情報通信

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    [1] 今月の一期一会
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

              企業の採用と企業風土
                                 大野 育生

    ここ最近私の関心事として、採用活動に注目しています。
    単純に弊社の正社員を採用したいということなのですが、いざ力を入れてみ
    ると色んな事を気付く機会になりました。

    もうかれこれ10年間採用活動に携わって来て、また何人もの方の退職の場に
    立会いました。来て頂く時は会社の未来を作ってくれるだろう人材との出会
    いにわくわくするのですが、退職の場はさまざまです。
    自身の会社の運営に対して不満を持ったり、時には恨まれるような形で辞め
    られる人もいました。逆に最後まで責任感を持って引き継ぎ次の自身の発展
    に向けて前向きに去っていく方もいました。

    会社は社員にとって寝ている時間以上に長い時間を過ごす場であり、非常に
    重要な場であることに気付きました。

    会社に入社する際は今後の自身の望むものを最大限得れるまたは与えてくれ
    る会社を思い描き入社されます。採用を担当する者として、その事に真摯に
    向き合い真正面から向きあうことが重要である事を学びました。

    採用活動には重要な2つの側面があります。

    1つは、あらゆる媒体や手法により、わが社に入社頂くということなのですが、
    その為に、自社の採用したい人材を分析し、自社のアピールできる部分を分
    析する。そして、求める人材に対して効果的に情報を提供していく所。つまり
    は簡単に言えば多くの方に気に入ってもらい、入社に導くことです。

    もう1つは、応募、面談、内定、入社後における辞退者や退職者を減らすとい
    う点です。いくらたくさん応募頂き、面談頂き、入社頂いたとしても、脱落
    される方が多ければバスタブの外れたお風呂に水を注ぐようなものです。

    今回は特に後者について、入社後の企業風土とのマッチングという視点をお
    りまぜ考えたいと思います。

    転職者が会社を選ぶ基準として最も重視する点は大きく3点あげられます。
    1、自身のスキルへの評価(給与条件含む)
    2、希望する仕事内容との一致
    3、社内の雰囲気(社風)の適合
    そして、途中で脱落(辞退・退社)される方々の理由も同じで上記3点が満たさ
    れないと判断した時です。

    そもそものミスマッチ、誤解を防ぎ組織に合った人材を採用することが重要
    です。特に3に対しては事前の丁寧な説明とちょっとした工夫で解決できます。
    先日、リクルートのセミナーに参加した時に簡単に企業風土を見分けられる
    方法を聞きましたので紹介します。

    ■企業風土チェック質問
    ※あなたの組織はどちらがあてはまりますか?
    A               B
    チャレンジ精神あふれる  ⇔  真面目で堅実な
    既成概念にとらわれない  ⇔  秩序を重んじる
    臨機応変な        ⇔  用意周到な
    C               D
    面倒見の良い       ⇔  自律を求める
    心情に配慮する      ⇔  論理を重視する
    なごやかで和気あいあい  ⇔  ハードで鍛えられる

    ■診断
    ○A・C・・・創造重視
    自由闊達な議論と新しいことへの挑戦を重視するオープンな組織
    ・革新的な
    ・風通しの良い
    ・議論好きな
    ・散漫な

    ○A・D・・・結果重視
    個々人の責任が明確で困難な課題に取り組むことを求める厳しい組織
    ・競争的な
    ・目標が高く明確な
    ・意思決定が早い
    ・厳しい

    ○B・C・・・調和重視
    人の和を大切にしながら着実にものごとを進める温かい組織
    ・アットホームな
    ・チームワークがよい
    ・面倒見が良い
    ・なれあいの

    ○B・D・・・秩序重視
    明確な役割分担に基づいて確実にものごとを進める手堅い組織
    ・計画的で秩序だった
    ・ルールが明確な
    ・合理的な
    ・柔軟性に欠ける

    私が行った所、B・Cの調和重視でした。
    こういう手法を使って採用の1つの判断材料としてはいかがかと思います。
    時間もお金もかかりません。もっと詳細なデータを統計から導きだすので
    あれば、リクルートやエンジャパンでSPIのサービスをしています。

    あとは、採用担当がいかに丁寧に熱意を持って対応するかにかかってきます。
    面接の時の印象で決めたという人はかなり多いようです。
    採用担当にとっては、1:Nの関係ですが、相手にとっては1:1です。
    些細な一言によって、好印象にも悪印象にもなることを理解することが大切
    です。

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    [2] 最近のニュース紹介−ヨドックの見方
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    ▼楽天・三木谷浩史 青臭く勝つ
    http://www.nikkei.com/article/DGKDASDD100SS_Q3A110C1EA1000/
    日経有料会員でない方はこちらから
    https://www.evernote.com/shard/s47/sh/d69d3cbd-3383-47ac-b87f-e7ad1f1afff4/e894f5b6b8326182670a59c1df9f54c2

    2012年7月2日、電子書籍端末「コボ」の日本発売を発表した記者会見に、三
    木谷の妻の晴子と8歳の長男の姿があった。コボは米アマゾン・ドット・コ
    ムに対抗する切り札だが、三木谷はそれを「教育革命につなげたい」と言う。
    だから息子を呼んだ。ビジネスと社会貢献を本気で両立するつもりだ。
    ─ YODOQの見方───────────────────────────
    今、世界ではビジネスとして社会貢献を行うBOPビジネスが注目されています。
    企業が「社会との共存」を実現する為には、消費者から認めてもらう会社づ
    くりが必要不可欠になりつつあります。
    「勝者総取り」の競争社会において、顧客の心をつかむビジネスは「お金」
    から「共存」や「信頼」に変化しつつあるのではないかと感じます。
    ──────────────────────────────────

    ▼叱る指導もう限界? 社員育てる「褒め合いゲーム」
    http://www.nikkei.com/article/DGXBZO49201660V01C12A2HR0A00/
    日経有料会員でない方はこちらから
    http://sonicont1.exblog.jp/17454928

    「若手は褒めて伸ばせ」と言われて久しいが、社風は掛け声通りになかなか
    変わらない。SNS(交流サイト)などを活用し、時に取引先も巻き込む
    「褒め合いゲーム」を導入する企業が相次いでいる。社員一人ひとりの働く
    意欲を引き出す切り札になるか。
    ─ YODOQの見方───────────────────────────
    大手企業のヤマト運輸が導入して活用している事例からも、モチベーション
    アップに役立っている。物流系のお客様でなくとも、叱られることに慣れて
    いない世代に昔のやり方を押しつけてもジェネレーションギャップにより、
    多くの社員の心を動かすことはできません。企業としては徐々に誘導するよ
    うに意識の変化を促すことが重要なのかもしれません。どの企業様でも簡単
    に作れそうなので実践を検討してもよいかと思います。
    ──────────────────────────────────

    ▼イオンお客様サイトから見えること
    http://www.aeon.jp/information/important/

    イオンの安さには、正当な理由と、変わらない理念があります。
    公正な取引のもと、おいしいビールを、お求めやすい価格でご提供するため
    に。イオンは、これからもお客様のためにあらゆる努力を続けてまいります。
    ─ YODOQの見方───────────────────────────
    上記サイトからイオン製のビールが業界の事情に左右されることなく、低価
    格を実現しつづけている理由には、きっちりとした理念を持っていることが
    わかります。弊社でも、サイト制作やSEO対策が安価な設定になっている
    のも、元々は業務システム開発をメインとしてきた中で、サイトについても
    併せて相談できることが、CS向上につながるという理念をもって始めた事
    業だからにほかなりません。こういう理念をもつことの大切さを、改めて感
    じさせられました。
    ──────────────────────────────────

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    [3] KIKAQ情報通信
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    今週末から、10月までの間で「グローバルリーダー育成塾」という物に参加
    します。社員から1名参加してまいります。
    http://www.global-leader.jp/

    日常生活で出会わない情報や人に触れ、普段の仕事とはまた異なる観点で物
    事を考えるスキルが備わればいいですね。

    ここ近日で4名の仲間が増えました。どの方も少しこれまでの経歴が面白い
    方ばかりです。

    新しい空気を取り入れていくチャンスです。

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    最後までお読み頂き誠にありがとうございました。
    このメールマガジンは、ヨドックと関係のある方々により有益な情報を提供
    できないかと考え始めました。今後も皆様にウェブ業界の最新ニュースをお
    伝えしつつ、楽しんでお読み頂けるメルマガ発行を目指して参りますので皆
    様からのご意見・ご感想お待ちしております。
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ★「心・技・体」一流の企業となり、地域の発展に貢献します
    ———————————————————————-
    発行元 : 株式会社ヨドック(YODOQ)
    〒532-0011 大阪市淀川区西中島5-14-10 サムティ新大阪フロントビル10F
    TEL :06-6305-2278 / Fax:06-6305-2279
    URL :http://www.yodoq.com/

    ■弊社サービス
    ★初期費用無料ではじめる事ができる!
    【らくちんホームページ】 http://www.rakuchin-hp.com/
    【らくちんネットショップ】 http://www.rakuchin-netshop.com/
    【らくちんSEO】 http://www.rakuchin-access.com/

    ★システム開発は自信があります!
    【らくちんSCM】 http://www.rakuchin-scm.com/
    【らくちん勤怠管理】 http://www.rakuchin-kintai.com/
    【らくちん社長賃金管理】 http://www.rakuchin-shacho.com/

    ■関連サービス
    【防犯カメラシステム】 http://www.biblenetworknews.com/
    【会社紹介動画制作】 http://www.dephison.com/
    【会計業務支援ソフト】 http://www.kalialei.com/
    【HPまるごと翻訳】 http://www.joebataan.net/

    ※その他にも、たくさんの分野をサポートしています。
     オフィシャルホームページをごらんください!
    ━━━ Copyright (C) 2013. YODOQ co. All Rights Reserved. ━━━━━

   

Recent Comments

  • 昨今、日韓の溝は深まるばかりですね。 ?...
  • マズローの欲求5段階説における 尊厳欲求は...
  • 平松市長と橋本知事の応戦は知っている人は...
  • ファストリさんは 店頭で募金を受付、280百?...
  • こんなにも前から警鐘を鳴らし続けていたに...